「ヒスイ Jade」


ヒスイ.jpg

「ヒスイ Jade」


最高級品は「琅玕(ろうかん)」と呼ばれる
色合い豊かな幸運の守り石


〇ヒスイの歴史
 ヒスイの語源は、原石を翡翠(かわせみ)に喩えたことに由来します。
 原石の酸化鉄のしみ込んだ粟色の部分を翡翠の腹の色(緋色)に、
 内側の緑の部分を翡翠の翼の色(翠色)の組み合わせに見立てています。
 最古の産出は縄文時代前期末の日本であると言われています。
 次に古いのは中米のオルメカ文化です。
 中国でも長い歴史がありますが、18世紀の清の時代に開花しました。
 古来より、「徳」を高めることで「成功と繁栄」を齎す石とされ、
 多くの国で王族や貴族のステータスシンボルとなっています。 
 


〇ヒスイの産地
 良質のヒスイを「中国ヒスイ」といいますが、
 実は産地はおとなりのビルマ(現ミャンマー)です。
 かつては日本の新潟県糸魚川でも良質のものが採掘されてきましたが、
 ヒスイが国の天然記念物に指定され、現在では採掘が禁止されています。


〇ヒスイの特徴
 ヒスイは「硬玉(ジェーダイト)」と「軟玉(ネフライト)」に
 分けられます。
 名前の通り硬度に違いがあり、
 ジェーダイトは「ひすい輝石」、ネフライトは「角閃石」と呼ばれ、
 どちらも緑色で似通った外観のため混同されます。
 鉱物学的には異なる鉱石ですが、
 ともに「ヒスイ(ジェーダイト)」と呼びます。
 宝石的価値が高いのは、「硬玉(ジェーダイト)」です。
 最高級品と評されるものは「琅玕(ろうかん)」と呼ばれ、
 半透明で濃いエメラルドグリーンが美しいとろみのある色をしています。
 紫色のラベンダーヒスイも品のある美しく優しい色合いで人気があります。


〇ヒスイの石言葉
 「安定」「長寿」「幸福」
 5月の誕生石でもあります。






この記事へのコメント